同じような意味を持つ二つの単語として考えている方も多い「力不足」と

「役不足」ですが、じつは意味は全くの正反対です。

「力不足」というのは、自分に与えられた役割に対してそれを実行できるだけの

能力が足りていない時に使う言葉で使われます。

一方の役不足というのは、役者の世界から生まれた言葉で、与えられた配役に

対して不満を持つという意味です。

「役不足」と「力不足」のように混同しやすい日本語や、まったく違った意味で

使われている言葉を探してみると驚くほどあることがわかりますね!

 

株式会社Grow-up 就労継続支援A型事業所 T氏