15年前、私の体が全麻痺になって入院していた時、クマのプーさんのぬいぐるみを2体、

母が病室に持ってきてくれました。

私はひそかにそれを、自分の子供たちに見立てていました。

プーさんのぬいぐるみを見ながら「いつかここの病院から出てやるぞ」と心の中で、

闘志が湧いてくるのを感じました。

無事1年かかって麻痺は治り、退院しました。

そして15年経った今、平昌オリンピックで羽生結弦選手が金メダルを獲った時、

スケートリンクにあふれるほどのプーさんのぬいぐるみが投げ込まれたのを見て

ふと、「15年経ったんだな」と昔のことが走馬灯のように、頭をよぎりました。

今でも、私の家の玄関にそのプーさんは、飾ってあります。

就労継続支援A型事業所 (株)grow up 利用者H.I