ここ数か月、コロナ渦の中、福岡全体にも活気がなく気分が落ち込みがちなこともありましたが、5月25日に緊急事態宣言が解除され 徐々に人々が街に戻ってきています。

コロナの危険性や街の治安の状態、政府による決定、世界情勢などなど、様々なメディア、SNSを通して私たちが日々受け取る ニュースや情報は、膨大な数になっています。「人が1日に判断する回数」は9000回から35000回ほどあるそうです。

「判断する力」は大切だと思います。嘘か本当か、を見抜くだけでなく膨大な情報の中から 自分にとって有益な情報を選び取る力も養っていきたいと思います。

またネット上での誹謗中傷問題もなくなることはありません。「SNSを利用している10代20代の日本人」 は95.06%を超えていそうです。様々な場所で匿名で発言できる便利な世の中だからこそ自分の言動に責任をもって楽しくインターネットとつながれたらと思います。

就労継続支援A型事業所(株)Grow-up 利用者Z.R