先日の休みにスーパーへ買い物に行った時の話ですが、スーパーを歩いているとBGMが流れます。


今年の夏から時間帯によりますが「瑛人(エイト)の香水と呼ぶ曲」これがリピートで流れています。


この曲は良い歌詞だと思いますね。


ドルチェガッパーナの香水の匂いは知りませんが、自分に例えるとジバンシーのウルトラマリンから出る匂いを嗅ぐと懐かしい人が通った気がして振り返ることがあります。


香水をつける人は正直苦手ですが自分が認めた香水の匂いならまさかあの人が近くにいるのかなと錯覚します。


万人が購入している香水がその人のはずじゃないと頭ではわかるけどとりあえず見て確かめます。


この日はスーパーに買い物したあと、昼に立ち寄った辛麺屋でも香水の曲が流れ、終いには車の中で信号待ちしているとき、横にたまたま信号待ちしていたオジサンのような人が運転する車内からも香水の曲が流れていました。


非日常なこともあるもんだと帰宅しました。


匂いに関するマイブームは今ダウニーにハマっています。


香水ではなく芳香剤や洗濯するときの柔軟剤で使うんですけど。


これが僅かに香るだけで会ったとき約半数の友人からは、「良い匂いがするねー何のシャンプーかなと聞かれます」。


決まって「シャンプーじゃねえよアメリカの赤ちゃんがプリントしてあるファブリーズだぜ」と答えて和んでいます。

就労継続支援A型事業所(株)Grow-up 利用者Y.K