ギャンブルの話。

この記事を読んでいただいたあなただけにギャンブル必勝法をお教えします。まず「勝率50%、配当が2倍のゲーム」を見つけます。そして初回の賭け額を決めます。100円にしておきましょう。一度目に勝ったら次賭ける額も100円です。負けたらその次賭ける額はその時賭けた額の倍です。一度目負けた時なら200円ですね。二度負けたら400円です。賭け額を倍にして勝負していくと絶対にいつか勝ちます。勝つと負けを取り戻しつつ必ず「100円」儲かる仕組みになっています。やったね!

これは「マーチンゲール法」と呼ばれる賭け方の手法なんですが、色々弱点があります。まず「勝率50%、配当が2倍のゲーム」がほぼ存在しないことです。二分の一の勝率に見えても大抵「50%弱」の勝率に抑えられています。この時点でマーチンゲール法は適応できません。大変危険です。そして連敗になるととんでもない資金が必要になることです。10連敗しても次勝てば「100円」儲かるのですが、その挑戦の為に「20万と4千7百円」を初めに資金として持っていなければなりません。賭けを続けることによって消費される時間の価値も無視されています。一番問題なのが「大金をかけてもその都度儲かるのはごく少額でしかない」というところです。精神的な疲弊が凄まじいのです。自分の精神を完全に制御できて、なおかつお金と時間が無限にある人で、何より小銭が大好きな人はお試しください。

ギャンブルで得られるものは「ギャンブルはロクなもんじゃない」ということだけです。皮肉なようですが、時間もお金もない若い頃に大金を失ってこれを痛感したひとは幸運です。成功よりも失敗からの方が学ぶことが多いです。

「失敗から学べ」論は挑戦を促します。膨大な時間をかけて色々準備して上手くいくことを望んでしまいますが、短時間で準備して挑戦してみるのもいいです。もちろんある程度の準備と失敗から学習する意思を持つことが前提です。

「マーチンゲール法」は時間を消費しつつお金も失う方法ですが、ある「区切られた時間」何に使うか考えて、それで自己投資して、未熟なまま挑戦して、失敗からも収穫を得ようとする方が勝ち目の多いギャンブルです。

いや……。「負けても意味がある」なら有馬記念ちょっと勝負してみる……?

就労継続支援A型事業所(株)Grow-up 利用者 Y.I