安い挽き肉は買いません。

いえ、買うのですが、色を気にしながら買います。

白い部分は脂身です。

これが多い挽き肉は買いません。

挽き肉でなくても買いません。

バラでも肩切り落としでも何であっても買いません。

油は肥満の元とかそういう話ではありません。

料理が成立しないのです。

あれは忘れもしない、何年前だったか忘れましたが、

特売の激安で仕入れた合挽肉でハンバーグを作った時のことです。

みじん切りにして炒めた玉ねぎと人参を挽き肉に混ぜ込み、

丸めて平らにしてフライパンに並べて熱したところ、

肉の塊からおびただしい量の油が溢れ出し、

縮みゆく肉の塊たちはさながら海に浮かぶ群島のようでした。

火を止め、すっかり小さくなったハンバーグを口にしましたが、

その味はもはやハンバーグと呼べる代物ではなく、

あえて言うならば「油の出がらし」とでも言うべき存在でした。

悲しいぐらいに味気ない出がらしでした。

それ以来、私は安いひき肉を買いません。

いえ、買うのですが、色々と警戒しながら買おうかどうか決めています。

 

就労継続支援A型事業所 株式会社Grow-up 利用者 TK